電気は必要!だからこそソーラーシェアリングを導入すべし

屋根

ソーラーシェアリングとは

太陽光発電のように思えるソーラーシェアリングとは何だろうと思いますよね。発電ですが、設置する場所が往来のイメージしている場所と違います。ソーラーシェアリングは、農作物の約3メートル程上に太陽光発電を設置するものです。そのため、農作と発電の両方を同時に行うことが出来ます。

農作物への影響は大丈夫なのか

農作物の上に太陽光発電をつけてしまえば、太陽を浴びることができなくなり、農作物への影響を疑ってしまうこともあるでしょう。しかし、ある程度の太陽の光を浴びて育つ農作物に限定しているので、影響はないと言えます。

太陽光発電vs風力発電の特徴

太陽光発電

一戸建て住宅や、会社の広い屋根を利用して太陽光発電を設置することで、電気を蓄電することが可能です。音の問題もなく、環境に優しいのが特徴的だと言えます。

風力発電

広い土地や場所を利用して風力を発電へと変えられる特徴があります。そして、風がある時であれば、季節や天気に関わらず一日中発電することが出来ます。

ソーラーシェアリング導入のチェックポイント

電柱は必須

ソーラーシェアリングは、農家が頭を抱えている問題点をなくすためにつくられた優秀な太陽光発電です。その導入したい場所付近に電柱がないと導入は難しいので、電柱の有無を確認しておきましょう。

周囲への配慮

ソーラーシェアリングは農作業の畑などに設置するため、比較的大きめです。その際に場所を取ることや影になることで周囲に迷惑がかからないかを考えてから導入を実行しましょう。

囲まれているとNG

一見広い農地であればソーラーシェアリングの導入は可能と思われますが、四方が農地の場合、導入不可になります。このような細かい規定があるため、業者と相談して決めるようにすると良いですね。

許可が必要

ソーラーシェアリングには、農作業委員会より許可をもらわなければ設置が不可能です。そのため、許可申請などの作業まで担ってくれる業者を選ぶようにするのが良いでしょう。

みんなが実践してる電気代節約術

no.1

アンペアを下げる

地道な節約ですが、意識して節約しないと大きい出費となってしまうのが電気代です。その第一歩として選ばれたのがアンペアを下げることが選ばれました。年間で見て費用が大幅に変わるので、効果を感じやすいでしょう。

no.2

待機電力をOFFにする

使っていないけど電気コードのプラグを挿しっぱなしにしている電化製品はありませんか?あれをなくすだけで、待機電力に消費されていた電気代を節約することが出来るようですよ。

no.3

エアコンの設定を見直す

暑いからといって設定温度を下げれば、電気代があがります。そのため、温度は28度に設定して、扇風機を使用してエアコンの空気を循環させるなどの工夫をすることが大切なのだそうです。

[PR]ソーラーシェアリングをはじめよう
土地活用にピッタリ☆

[PR]ビルの省エネ対策をはじめよう
有益な情報を要チェック!

[PR]新電力情報まとめ
乗り換えてもっとお得に♪

広告募集中